「レ点」チークで、さらなるお顔のリフトアップを↑

前号、アイメイクで、お顔のリフトアップをしよう!という内容をお伝えしましたが、今号では、その続きもの、として、チークでのリフトアップ法をお伝えします^^

メイクレッスンでも、この方法をお伝えすると、

「あ~~っ!わかります、わかります!(チークをいれた)左と、(入れていない)右、ぜんぜん違いますねっ!」

と、そのリフトアップ効果を、実感していただいているんですよ^^♪

それでは、その方法をさっそくご紹介します♪

★・・・・・・・★

ポイントは、もう、その名のとおり(笑)、チークを、ほおの外側から内側にかけて「レ」点のように、入れること。

チークを塗るとき、一方向で終わらせずに、跳ね上げるようにして、最後に上に持ち上げてみましょう。

こうすることで目の錯覚が起こり、ほおがシェイプされ、すっきりとした仕上がりになるんですよ。

具体的な方法は・・・

1:フェイスライン側から鼻方向へと、色を一方向にのせるチークブラシを持ち、耳のつけ根(もみあげ)あたりを「外側」とします。

この位置から、鼻方向に向かって色を集めるようにして、やや直線的に「\」「/」色をつけていきましょう^^/

終点は、およそ、黒目下あたりです。

※このとき、小鼻の位置より、下に色がつかないように注意しましょうね。

2:真上に「レ」点を返すようにして、仕上げる

上の「1」の終点まできたら、色をつけたさずにそのまま、黒目の下に向かって、上方向にブラシを跳ね上げます。

長さは、「1」で、一方向につけたときの長さよりも短く、およそ「1/3」くらいの長さが目安です。楽しくて、ちょっと‘跳ね上げちゃった♪’(笑)というくらいです。

※この、「レ点」を返すとき、色がのりすぎると、「赤ら顔」のようにみえてしまいます。

そこで、「レ点」の仕上げの色をのせるときは、チークブラシの細い面があたるように、細い面をつかって跳ね上げましょうね↑。

★・・・・・・・★

いかがでしたか?

ぜひ、いつもお使いのチークで、早速お試しになってみてくださいね。

お顔全体を、さらにリフトアップ&シェイプアップさせて、もっとメイクを楽しんでいきましょうね♪

そして・・「この機会に、チーク、新しく買い換えたいな~」というあなたへ♪「あなたに似合うチークの色」についてこちらのページの中ほどで、動画を用いてわたしがご説明しています。

ぜひご覧になってみてくださいね♪
http://www.hiyokko-make.com/good-hmk-salep/

<「つるんとした肌になっているね」と言われました!>

「メイクをやり始めて何年にもなりますが初めて「つるんとした肌になっているね」と言われました!
やはり、○○○ようにしながら塗るのがポイントだと思いました。この方法は、もしかしたら、マッサ-ジ効果もあるのかなとも。
時間が経ってもしっとり感が長続きしている気がしました。
余談ですが、リフトアップベ-スメイクのモデルさん、下地とファンデ-ションだけで肌の感じがツヤツヤで若々しくなっていく様子が動画を見ていてよくわかりました。
40代の私も、メイクでキレイになれると共感できました。これからも若い子だけでなく色んな年代の方をモデルにして見せて下さい。」
(H.Mさん・22歳)


こちらは、愛されメイク講座の3回目まで終えられたHさんからのご感想です。

ベースメイクこそ、○○○、という「仕込み」が大切なんです!

そして、こちらの講座では、40代のモデルさんにもご協力いただいていますので大人なあなたにも、おすすめです^^/

WEB講座「愛されメイク」は、こちらから・・
私らしいメイクを自宅でレッスンWEBメイク講座

ひよっこメイク無料ミニメイクレッスン&メールセミナー

ひよっこメイク無料ミニメイクレッスン&メールセミナー ナチュラルメイクの方法にファンデーションの塗り方を ファンデーションの選び方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク