ビバ!アイブロウブラシ☆

いつもの眉メイク。

「アイブロウパウダーで色をのせてもすぐ消えちゃうなぁ・・(<)」

「色をのせたところがくっきり濃くなって、不自然に見えちゃう。。」

と思っている方は、

もしかしたら、アイブロウパウダーを使っていても、上手なつけかたがわからないから困っている、という方が多いかもしれませんね。

アイブロウパウダーを買ったときについてきた、それらしき眉用のブラシが入っていても、

「なんで、毛先が斜めになっているんだろう?」

って、疑問に思っていた方もいるのでは・・?

たしかに、毛先を見ると、先が斜め /│ になっていますよね。

│ │

これは、なぜだと思いますか・・^^?

その理由がわかれば、眉ブラシを使って、上手に色の濃淡がつけられるので、眉メイクがしやすくなって、もっとメイクが楽しくなるんですよ!

………………………………

毛先が斜めになっている理由。

それは・・

~眉頭から、眉尻まで、ゆっくり眉をなぞってみると・・・

ゆるやかな「丸み」を感じますよね。

ひたいの丸みに沿って、眉毛が生えているのを実感しますよね^^

その丸みにぴったりと沿い、色をしっかりとのせることができるように考えられて作られたのが、眉専用のブラシ、なんですね^^

それではさっそく使いかたを見ていきましょう。

↓↓

┏☆━━━使いかたのPoint━━━☆┓

見た目にお分かりやすいように、

眉頭は「○」

眉山は「▲」

眉尻は「━」

と、絵でも表記してみました^0^

…………

ポイントは、ひたいの丸みが発生する

【眉山▲】を基点に、ブラシの向きを変えて色をのせる、ということです。

大まかな手順は、このようになります^^

ブラシをもって、眉に沿って水平に持って一緒にやってみましょう!(持ち方も大事なポイントです)

1)【眉山▲】から【眉尻━】に色をのせます。

2)今度はブラシの向きを180度変えて、【眉山▲】から【眉頭○】に向かって色をつけます。

具体的には・・

━━眉山「▲」から眉尻「━」に色をのせるとき━━

眉山にブラシを置くとき、毛足の長い方を眉頭側に向けます。(眉に対して水平に)

そして、眉尻に向かってブラシを動かしましょう。

━━眉山「▲」から眉頭「○」に色をのせるとき━━

ブラシの向きを逆にします。

眉山にブラシを置くとき、毛足の短い方を眉頭側に向けます。

そして、眉頭側に向かってブラシを動かしましょう。

こうすると、

眉の丸みに沿って、眉のそれぞれの箇所で、ブラシの毛足がピタッと密着するので、ダンゼン使いやすくなりますよ。

また、この方法でつけると、

1度ブラシにとった色が、1番色をのせたい眉山から眉尻にかけて濃くつき、眉頭にかけての色が淡くなるので、自然な眉メイクができるんです!

ちょっと意識をしてつけてみるだけでも、仕上がりに差がでる「眉」。

ぜひ、お持ちのアイブロウブラシでお試しになってみてくださいね^^

………………………………

ちょっとしたポイントが、メイクの仕上がりを左右するんです!

<本当に眉は重要な場所ですね!>

「母に“その眉、すごく良くなった。もっと慣れたら教えて”と言われました。すごく嬉しかったです。」
(K.Sさん)

お母様も、もっとキレイになりますね^^

メイクの‘いろは’から、メイク道具のお手入れ方法までお伝えしている基礎講座、好評です!
http://www.hiyokko-make.com/debut-hmk-salep/

ひよっこメイク無料ミニメイクレッスン&メールセミナー

ひよっこメイク無料ミニメイクレッスン&メールセミナー ナチュラルメイクの方法にファンデーションの塗り方を ファンデーションの選び方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク