ピンクシャドウ・攻略法♪

「ピンク(のアイシャドウ)、って・・つけたら、はれぼったくなっちゃいますよね?」という、悩ましげなお声を、メイクレッスン時に、よく、耳にします。

ですが、実際に試していただくと・・「へ~!派手(そう)な色でも、つけて大丈夫なんですね!」とか、「女性らしくしたいときは、こんな色(ピンク)をつけるといいんですね♪」と、お顔色がぱぁっと明るくなるんです♪

ピンクって、やっぱり、女性ならでは、の、楽しめる色なんですよね♪

そこで、メルマガ読者さんでも、ピンクのアイシャドウというとためらってしまう、、という方がいるのでは?と思い、きょうは、その‘攻略法’をお伝えしますね☆

*:.。゜’・:*:.。。.:*:

<ピンクシャドウ☆攻略法>

◆1:下まぶたにつけてみる

⇒上まぶたにつけるのが怖い・・というときにはまずは「下まぶた」にだけでも、つけてみましょう。

以下の、いずれかの方法を、まずはお試しになってみてくださいね↓

◎お手持ちのアイシャドウで、パール感のある、うすいピンクのアイシャドウでしたら、下まぶたの目頭側2/3に、細めに入れてみましょう。

>>下まぶたが明るくなり、白目キラキラ!潤み目効果があります^^☆

◎お手持ちのアイシャドウが、発色の良いピンクのアイシャドウや、赤みのあるピンク~パープル系でしたら、下まぶたの目尻側1/3に、細めに入れてみましょう。

>>目元が下がり、タレ目効果があります♪セクシーな目元に♪

◆2:上まぶたに、アイシャドウブラシでつけてみる

⇒同じアイシャドウの色でも、つかう「ツール」によって、色の出具合(発色の度合い)を調節することができるんですよ♪

もし、いつもは「チップ」でピンクのアイシャドウをつけているのなら、ぜひ、アイシャドウブラシでつけてみる、という方法を、トライされてみてください☆

理想的なのは、こちらのページでご紹介しているような、毛先のとがったアイシャドウブラシです。

http://www.precious-growth.com/brush/beginer.html

なぜなら、チップの「面」で色をのせるよりも、ブラシの毛の1本1本で色をのせられるので、色が濃くついてしまう!という心配がないからです。

一瞬「濃いかな?」と感じるようなピンクでも、カンタンに、色を薄くのせることができるんですよ♪

のせるときは、二重の幅ほど(または、目を開けて色みをほんのり感じるほど)につけていただくと自然に見えますよ。

………………………

~~いかがでしたか・・?

ピンクシャドウは、たしかに、幅広~くつけてしまうと、目元が重たく見えてしまいます。

また、‘濃ゆく’つけてしまうとそこだけ「つけました!」となり、わざとらしく不自然な仕上がりになってしまいます。

ですので、細く入れたり、うすく色を塗り広げたりすることで‘攻略’していきましょう!

ぜひ、ピンクの美しい彩りの目元を楽しんでくださいね♪

ひよっこメイク無料ミニメイクレッスン&メールセミナー

ひよっこメイク無料ミニメイクレッスン&メールセミナー ナチュラルメイクの方法にファンデーションの塗り方を ファンデーションの選び方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク