リップ‘発色☆準備’法

今日は、Webメイク講座の受講生からのご相談をとりあげますね。

お客様にメイクをさせていただくとき、意外と、こんなお悩みを多く耳にするんです。。

「私は唇がくすんでいて色が悪く、コンシーラーで色を消してからリップペンシル、リップの順でつけているのですが、リップを塗ったあと軽くティッシュオフすると、くすみが透けて見えてしまうんです(;;)

また、グロスを付けると唇が悪目立ちします(TT)どうしたらいいでしょうか…?」(K.Hさん)

………………………………

おぉ、リップメイクの順番、ばっちりですね^^!

動画も繰り返しご覧になって、しっかりマスターされていますね。

~リップは、ついつい、いつものやり方で安心してしまうパーツでもありますよね。

リップメイクでは、カンタンに色を変えたり、グロスをつけて質感を変えたりすることができるので、それだけでもメイクの醍醐味を感じるパーツです。

で・も・・

●新しく買ったリップの色をつけても、見たままの色が発色がしないな~、と感じている方、

●上記のような方法でくすみをカバーしても、「・・まだなにか足りないかも?」と、もの足りなく思っている方、

は、ぜひ、リップの色を思いのままに発色をさせるような、こんなリップの‘発色☆準備’をしてみましょう。

【リップ発色☆準備法】

1:リップクリームを投入。

⇒まず、リップクリームで唇をしっとりとさせておきましょう。

~余談ですが、最近のわたしのお気に入りは、無印良品の、グレープフルーツの香りがするリップバームです。

クンクンするたびに、リラックス~♪してます^^

2:ベージュピンク系のリップを投入。

★↑これが今日のポイントです!★

⇒塗りたいリップを塗る前に、まず、ベージュピンク系のリップを、唇全体に最初に塗っておきます。

こうすると、もともとの唇の色みを、自然な赤みのある発色に、調節してくれるんです☆

そのあと、余分な油分を取るために、ティッシュオフをしておきましょう。

3:塗りたいリップ&グロスを投入。

塗りたいリップをつけ、最後にグロスで仕上げます。

グロスはツヤを出すと同時に、リップの色の発色をうすく(淡く)しますので、唇の色が透けて見える原因の1つとなります。

(※くすみが残ったままでは、グロスをつけてもかえって唇が‘悪目立ち’してしまうんですね。)

ですので、まずはリップの‘発色☆準備’をして唇そのものの発色を助けてあげる。

そしてそれから、仕上げにグロスを少量つける。

というように仕上げてみてくださいね!

~グロスは、唇全体につけると、唇が下がったように見えたり、重たく見えてしまいますので、 唇の中央だけにつけると、ほどよいふっくら&ツヤリップにすることができます!

………………

ぜひこの「リップ発色☆準備法」で、思いのままのリップの色を楽しんでみてくださいね^^

・・今夜から、それとも明日から・・?

自分のリップに、思わず見とれちゃうかも・・☆

………………………………

<本当に内容の濃い5日間でした>

「実際に受けてみて、HPや雑誌では分からないような手の動かし方やスキンケアについてだったり、本当に内容の濃い5日間だったなぁと思いました!!!

あと、メイクをするには、自分の素顔にも自信がもてるようにならなくちゃいけないんだと改めて実感しました(*´∇`*;)

これからはすっぴんでもキレイな肌を目指して、さらにメイクの腕も上げていけたらいいなぁと思います!!!
あさみ先生のおかげでさらにメイクをする楽しさと喜びを感じることができましたo(< )o o( <)o
本当にどうもありがとうございました♪♪」(岐阜県:F.Yさん)

Fさん、1日ごとのメイクの発見が、まわりの方々からのうれしい反応となってかえってきていましたね^^☆

思い立ったその日が、あなたの本格メイクデビュー!の日です!
http://www.hiyokko-make.com/debut-hmk-salep/

☆★☆

もっとメイクのバリエーションを増やしたい、 というあなたには、好印象 愛されメイク講座で、力をつけましょう!
私らしいメイクを自宅でレッスンWEBメイク講座

ひよっこメイク無料ミニメイクレッスン&メールセミナー

ひよっこメイク無料ミニメイクレッスン&メールセミナー ナチュラルメイクの方法にファンデーションの塗り方を ファンデーションの選び方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク